総務渉外委員会

総務渉外委員会委員長所信


委員長  木村 公一

 

「明るい豊かな社会の実現」を掲げ、城陽青年会議所が誕生して本年度で38年目を迎えます。私たちは先輩諸兄のまちを想い活動されてきた歴史(きのう)から学び、期待が出来る未来のために、JC運動・活動を行っていかなければなりません。
毎年各メンバーの役割と責任が変わる単年度制を敷き、継続事業が多い青年会議所において、組織としての引き継ぎにはLOMメンバーの資質の向上が欠かせません。総務渉外委員会では、時間・期日をはじめ、例会・事業・議事における事細かな情報の伝達、引き継ぎと、クイックレスポンスには特に重きを置いて組織運営をします。そして、JCプロトコルに則り気づきや学びを得られる環境を整備し、メンバーの相互理解を深め、さらなる自発性の向上を図り、責任と権限と義務が等しく果たされる風通しのいいLOMを目指します。どこに出ても恥ずかしくない、どの組織からも信頼される組織になることが、入会3年未満のメンバーが増え、数年後には大勢のメンバーが卒業し内部状況が大きく変化する城陽青年会議所において重要なのです。
担当例会では、まず、脈々と受け継がれてきた想いを知るために、先輩諸兄と交流を図り、当時のLOMの様子を語っていただくことで、受け継がれてきた歴史の繋がりを学び、継承すべき事柄を認識します。そして、LOMメンバーの資質を向上するために、組織のあり方について根本から学び、組織力を向上させ、引き継ぎに対する意識を高めます。さらに、引き継ぎの重要性を知るために、実際に引き継ぎ作業を行い、方法や重要事項を学ぶ場を創出することで、我々の運動・活動に付加価値を付け、次代に継承します。
対外業務につきましては、友好の基盤をより確固たるものにするために、まちを想う諸団体や行政の方々との連絡・調整を円滑に行い、JC運動・活動にさらなる理解を求めて深い信頼関係を構築してまいります。そして、城陽青年会議所の存在感を創出するために、我々のまちを想う活動を発信する手段として欠かせない、ホームページ、SNSにおいて、既成概念からの脱却も図りながらアクセス数を増加させ、このまちにある身近で信頼できる青年団体であると訴えかけます。それがまた、会員拡大にも繋がると考えます。
最後に未来へ引き継ぐために規律を重んじる組織運営をし、メンバー一人ひとりが意識を高め志高く成長していくことが、組織の中枢を担う総務渉外委員会委員長としての職を完遂することだと信じ1年間邁進していきます。